原因は浮気調査を行うため

ダイアナのキャブ調整を行おうとエンジンをかけようとしたのですが、かかりません。

と、言うか、クランクが回りません。
押しがけでもクランクが回りまそん。
クラッチが切れた状態の様です。

先日、クラッチ板を整備したので、クランクの構造は少し勉強しました。
この現象はクラッチ板の真ん中のナットを締め過ぎの状態です。ナットを緩めると、クランクが回る様になりました。
このナットはクラッチレバーの重さ調整をする時に使うので、クラッチレバーを軽くし過ぎたせいでしょう(๑>◡<๑)

次にやっとキャブ調整です。
吹け上がらない原因は浮気調査を行うため、ニードルジェットのクリップを、3段目→1段目に変更しました。
(これで吹け上がりが改善されると、ガソリンが薄いのでメインジェットを上げます。)

エンジンスタート・・・
あれ?エンジンが全然回りません。状態が悪くなりました。アイドリングも安定しません。

スロージェットの番手を下げようと思い、キャブをバラしてみると、中からメインジェットがコロリ!
メインジェットが外れていました(≧∀≦)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*