浮気調査等の中でも

純朴なリベラル護憲派を一番の壁とし潰さんとする日本会議界隈や、
あるいは現政権与党らにとって、そのリベラルの論理や世論を
「崩してくれる役割を担ってくれる」からにあり。
要は“敵を味方につける”には、リベラル保守層は絶好の相手と考えるはずだからだ。

よって、浮気調査等の中でも大勢を占める「安倍政権下での改憲には反対」
とする層は特に、リベラル保守思想にある識者やその界隈らの言動には今後、
相当な注意力を持ってみていかねばならないだろう。
そうじゃないと、「彼らが言うなら仕方ないか・・」と、気がつけば自身が彼らに
翻弄されてしまいかねないし、“吹く風に靡いてしまう”のが悲しいかな、
大衆世論の特性でもあるからだ。

SNSでもご購読できます。