第4期浮気調査兵

SoCプロセスルールは機種選びで重要性が高い。プロセスルールは処理性能の他にバッテリー持ちを左右する指標で、本体価格とおおよそ相関がある。その相関から外れた、より微細なプロセスルールのSoCなのに安い端末を探し当て、搭載センサーやレビュー等から問題が無いかを調査することが、調査兵(俺)のお仕事です。(無給)

ちなみに、連載「1」でも述べたが、iphoneはいい。値段は高いが、機種の選択肢は少なく楽で確実。
価格対性能比(コストパフォーマンス)ではiPhone SEがおススメ。iPhone SE 32GBは9月に値下げがあったので39,800円。14nm LPEか、16FFプロセスで、AnTuTuベンチ総合スコア:124,004。バッテリーは高品質で1,000回くり返し充電できるとか。カメラ・センサーの感度は良く、iOSのアップデートサポートは長く確実、ユーザー間情報・アプリ・周辺アクセサリー類は極めて豊富、欠点が少ない。
値下がりしたSEは現行機種ベストなコスパだけど、次世代iPhone SEが出るとなれば…期待しちゃうところだね。

以上、第4期端末浮気調査兵からの報告でした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


*