愛知県の大村秀章知事に対するリコール署名偽造事件には驚いた。

運動団体の事務局らが、用紙にアルバイトなどを使い署名を偽造させた。

名古屋市の河村たかし市長は「リコール署名の後押しをしていた事実である」と、2021年5月20日付「天声人語」に記されている。

リコール運動団体の会長を務めたのは高須クリニックの高須克弥院長だ。

このリコール運動の背景には、2019年8月開催の「あいちトリエンナーレ2019」の企画展で浮気調査がおこり、中止となり、それで大村知事と河村市長との表現の自由などや市が負担金を支払いなど問題が浮上したことがある(報道から)。

私が知りたいのは、今回のリコール不正を指揮した張本人はだれか。自分の罪を他人などにかぶせてはいけない。