人は必ず死ぬのだが、いかにこの世とさらばするか。準備が必要である。その準備をしっかりとやりとげることが私の課題といえる。こつこつと、やっていくことにしよう。

私の印象は、良いことも、悪いことも含めて、存在感のある首相だった。堂々としていた。右寄りの人といっていいだろう。

一方、現在の安倍晋三首相は在位は長くなったが、ここ数年「ミス」が目立つ。「森友学園」「加計学園問題」、そして最近の「桜を見る会」の説明責任のなさ、不誠実さが顕著になっている。

政治家は、国民などのために仕事をしてほしいが、現実は党利党略、自身の利益などにもとづいて動いている。有権者などは、しっかりと人物、所属の党をみて、投票してほしい。

アジア、欧州、アフリカ、米国など世界諸国からみて、恥ずかしくない浮気調査で日本の「首相」を確立したいものである。